【今週末より開催】北欧のヴィンテージ絵本展

いよいよ今週末より、ひるねこBOOKSさんでの展示販売のイベント
【北欧のヴィンテージ絵本展】が始まります。

たくさんあるヴィンテージ絵本の中より、
迷って決めた作品の一部はこちら・・





今週末の7日(土)より、19日(木)までです。
お散歩がてら、お越しください。


【イベントのお知らせ】北欧のヴィンテージ絵本展




【北欧のヴィンテージ絵本展】として、
来月の4月7日(土)〜19日(木)まで
谷中の「ひるねこBOOKS」さんにて、本のイベントを行います。


スウェーデンのエルサ・ベスコフやポール・ストロイエル、
フィンランドのトーベ・ヤンソンなど日本でもファンの多い作品から、
ノルウェー、デンマークのまだあまり知られてない作品まで
1930年代から70年代頃の、古くて懐かしい絵本を展示いたします。

風合いのある用紙、独特な発色のインク、
個性豊かなイラストや暖かみのある丁寧な装丁。
そして年月を経ることで、その魅力がさらに特別なものとなっています。

併せて、関連書籍の販売も。
現在出版されている同じ作家の絵本を中心に、
美しいページを額装したアートなどの出品を予定しています。

最新情報は随時、更新いたします。



場所:「ひるねこBOOKS」https://www.hirunekobooks.com
開催期間:4月7日(土)〜19日(木)
お問い合わせ:elama@charrette-vie.co.jp

フィンランドのクリスマスカードをプレゼント




ただ今、エラマ・ブックスでは、お買い上げ頂いたかたに

フィンランド在住のイラストレーター、Leena Kisonen - レーナ・キソネンの

可愛いクリスマスカードをプレゼントしています。

数に限りがありますので、お早めにどうぞ。


【6日〜7日目】美術館と蚤の市へ


【6日目】
オスロ市内の美術館とビルケルンデンの蚤の市へ
 
日曜日はデパートなどのお店はお休み。もちろん本屋もやっていません。
ということで美術館と蚤の市にいきました。

ビルケルンデンの蚤の市はグルーネルロッカの公園で毎週日曜日に開催。
昨日のヴェストカントトルヴェの蚤の市よりは少し規模が大きく、多くの人が訪れていました。
Stavavgerflint や Figgjo など、可愛いノルウェービンテージに出会いました。
きのこの切手はおまけで頂いた物。






美術館は工芸美術館 Kunstindustrimuseet と、ノルウェーデザイン建築センター DogA へ。
でもなんと、どちらも休館していました。
工芸美術館のほうは、2020年に湾岸方面に新しく移転するようで、
その時にまた来てみよう、、
DogAに併設されたカフェで一休み。小さな川沿いにあり、景色の美しいお店でした。






【7日目】
フィンランド経由で日本へ

オスロからヘルシンキで乗り換えて、成田へ。
日本の上空にさしかかると、山に雪が積もっていました。
あっという間の7日間でした。

Welcome to our online bookstore

Sunday bookroom