布張りの装丁が素敵。
本棚に加えたい、ドラ・ユングの作品集。






本は、その装丁に手をかけるほど価値が増すのもだと思います。



DORA JUNG・ドラユングはフィンランドのテキスタイルデザイナー。

1936〜41、65〜72年の間、Tampella社でデザイナーとして

家庭用のテキスタイルデザインをしました。

織りによって紡ぎ出された緻密なその模様は

控えめながらも奥行きがあり、タイムレスな魅力が感じられます。

Aino & Alver Aaltoが、レストラン「Savoy」のインテリアデザインを

手掛けた際、ドラユングのテーブルクロスを採用したそうです。

レストランのテーブルコーディネートでは主役はお料理でしょう。

彼女のクロスが選ばれたのは、そのデザインが美しいだけではなく

他者との調和が保たれる優しさや丁寧さ、

そして包容力が感じられるためではないかと思いました。




そんな彼女の作品を掲載する本に相応しい、丁寧でデザイン性に優れた装丁この本、

今すぐあなたの本棚に並べてみてはいかがでしょう。

そしてお気に入りの一冊に加えてみませんか?


In store now >> elama.jp

Welcome to our online bookstore

Sunday bookroom