フィンランドのクリスマスカードをプレゼント




ただ今、エラマ・ブックスでは、お買い上げ頂いたかたに

フィンランド在住のイラストレーター、Leena Kisonen - レーナ・キソネンの

可愛いクリスマスカードをプレゼントしています。

数に限りがありますので、お早めにどうぞ。


【6日〜7日目】美術館と蚤の市へ


【6日目】
オスロ市内の美術館とビルケルンデンの蚤の市へ
 
日曜日はデパートなどのお店はお休み。もちろん本屋もやっていません。
ということで美術館と蚤の市にいきました。

ビルケルンデンの蚤の市はグルーネルロッカの公園で毎週日曜日に開催。
昨日のヴェストカントトルヴェの蚤の市よりは少し規模が大きく、多くの人が訪れていました。
Stavavgerflint や Figgjo など、可愛いノルウェービンテージに出会いました。
きのこの切手はおまけで頂いた物。






美術館は工芸美術館 Kunstindustrimuseet と、ノルウェーデザイン建築センター DogA へ。
でもなんと、どちらも休館していました。
工芸美術館のほうは、2020年に湾岸方面に新しく移転するようで、
その時にまた来てみよう、、
DogAに併設されたカフェで一休み。小さな川沿いにあり、景色の美しいお店でした。






【7日目】
フィンランド経由で日本へ

オスロからヘルシンキで乗り換えて、成田へ。
日本の上空にさしかかると、山に雪が積もっていました。
あっという間の7日間でした。

【5日目】蚤の市とグリーネルロッカ地区へ


【5日目】
ヴェストカントトルヴェの蚤の市とグリーネルロッカ地区へ

フログネル公園近くの蚤の市、Vestkanttorvet ヴェストカントトルヴェへ。
毎週土曜日に開催されているこのマーケットは歴史あるものだそう。
11月ということもあってか、出店は少なめでしたが素敵なノルウェービンテージをみつけました。

そして学生やクリエーターなどに人気のグリーネルロッカへ。
小さな個性的なショップが多いこの地区。たくさんの人で賑わっていました。
ここではちいさな古書店やセカンドハンドショップなどに。
近くの公園では、日曜日に蚤の市があるそう。




【4日目】オスロ市内の本屋さんへ


【4日目】オスロ市内の本屋さんへ

オスロ中央駅から北西方面の、国立美術館の周辺には
オシャレな新刊のブックストアや雰囲気の良い古書店、セカンドハンドショップなどが
軒を連ねており、1日目にしてたくさん素敵な本と出会うことができました。














【3日目】フィンランドからノルウェーへ



【3日目】
フィンランド最終日。午後にはノルウェーに向かいます。

午前中の短い時間で美術館にも足をのばしました。
「デザインミュージアム」や現代美術館の「キアズマ」ヘ




午後の4時半頃にノルウェーの空港に着くはずが、
天候の影響なのか5時半頃になってしまいました。
空港からオスロ市内に向かうバスから観る風景は、雪景色。




オスロ中央駅から徒歩4分くらいの、便利なアパートメントに滞在。
古い建物をリノベーションした、素敵な住宅です。



【1日目〜2日目】北欧フィンランドへ


フィンランド、ノルウェーのより昨日帰国しました。
どちらも気温1℃前後で、とても寒かったのですが、
建物の中はどこもとても暖かく、快適な旅になりました。


【1日目】
中部国際空港経由でフィンエアーでフィンランドへ

午後の4時頃、8時間ほどのフライトでヘルシンキに到着。
街ではクリスマスの装飾がはじまっていました。
ヨハンナ・グリクセン近くのアパートメントで2日間の短い滞在に。









【2日目】
ヘルシンキで新刊の書店、古本店を訪ねました

アルヴァ・アアルトの建築で知られる「アカデミア書店」や街のちいさな古書店など
徒歩圏にさまざまな本屋さんが。












フィンランドはちょっと駆け足の旅。
4時には日が暮れますが、お店の閉店まであちこちまわりました。


ノルウェーとフィンランドへ行ってきます。


明日より、ノルウェーとフィンランドへいってきます。

移動日を含めて7日間と少し短いですが、

ブックショップやセカンドハンドショップ、ミュージアムなどを観てきます。

仕事での調整をしていただいた方々、心より感謝申し上げます。


Welcome to our online bookstore

Sunday bookroom